タイトル

 15日(木)・16日(金)の2日間、宮城県石巻市へ行ってきました。

現地での支援は5月に続いて2度目。

今回は、美容師さんも参加し髪のカットと物資のバザーをおこないました。

伺った先は、石巻市内の蛇田中央公園内の仮設住宅。

ここでは、120世帯の方が生活されています。

全世帯分にお米やお餅、トイレットペーパー、テッシュペーパーを購入。

また、水や調味料、保存食なども用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんさんにもご協力いただいた衣類はこんなに集まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

カットやバザーのお知らせは、数日前に事前にチラシでお知らせをさせていただいたのですが、

9時の開始を待たずして続々と仮設住宅内の方々が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

開始後、約1時間で全世帯分の物資はなくなり、冬物衣類等も午前中のうちに、ほぼなくなりました。

髪のカットも大好評で、8時半~14時の間で計43名の方がおいでになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、氷点下。お昼前からは雪も降ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にわずかな支援ではありましたが、現地の方々からはこちらが恐縮してしまう程、感謝の言葉をかけていただきました。

まだまだ、被災地では物資が足りません。

働く場がない方も大勢いらっしゃいます。

きちんと政府が復興支援の道筋をたてていくことが、絶対に必要です。

私も、できることを継続していきます。

今回、物資や支援金の呼びかけに、本当に沢山の方にご協力をいただきました。

あらためて、お礼申し上げます。

短時間ですが、女川や石巻市内の様子をみさせていただいたので、後日、報告させていただきます。

つづき(被災地支援報告②)