タイトル

 1月16・17日と宮城県石巻市へ行ってきました。

今回も30名を超える方々から衣料品等の物資や支援金のご協力をいただきました。

皆様のご協力にあらためて感謝申し上げます。

昨年春に比べると、女川漁港を行き来する船は少し増えているようでしたが、復興にはまだまだという状況でした(写真は女川漁港周辺を一望できる高台から)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、来住区議、そして、地域の方と計12名で伺い、皆さんからご協力いただいた衣料品等のバザーと物資のお届けをおこないました。

石巻市の中心地から車を走らせること20分。

 

 

 

 

 

 

 

 

追波川河川運動公園多目的広場にたてられた全103戸の仮設住宅へ。

ここでは雄勝地区の方々が避難されてきていましたが、今後の行先が決まっていない方も多くいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、全103世帯にお届けした物資。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんにご協力いただいた衣料品等の物資。

 

 

 

 

 

 

 

 

わずかな時間でしたが、何人かの方からお話を伺うことができました。

東日本大震災から1年10ヵ月。

復興はまだまだこれからということをそのお話の中からも実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

できることは限られているかもしれませんが、れからも現地の要望に即して、できることを皆さんと一緒に続けていきます。