タイトル

2017年4月~ 「浦野さとみ」の新・ホームページへ移行しました。

下記のURLをクリックしていただくと新しいウインドウで開きます。

http://urano-satomi.jp

新ホームページ、ぜひ、ブックマークへの登録をよろしくお願い致します。

これまでに寄せられた生活相談は650件 あなたの声を区政に活かします

ホームページへのご訪問、ありがとうございます。日本共産党・中野区議会議員の浦野さとみです。リハビリの作業療法士(OT)として、医療・介護現場で8年間働き、2011年初当選、現在、区議2期目として、日々、地域をかけまわっています。1人1人の「命」「健康」「くらし」を大事する区政へ。くらし、雇用、子育て、教育、医療、年金、介護、相続、債務、税金、生活でお困りのこと等、お気軽にご相談・ご連絡下さい。弁護士をはじめ、行政書士や社会保険労務士などの各専門家とも連携しながら、その解決に力を尽くします。また、地域での色々なご要望やご意見なども、ぜひ、お寄せ下さい。

TEL:日本共産党中野地区委員会 03-3380-8111 区議団控室 03-3228-8873    メール:urano@jcp-seven.jp

●2014年秋におこなった区政アンケートへは、1900通を超える返信をいただきました。

 ご協力、ありがとうございました。集計はこちらから。

●皆様のご協力をいただきながら、被災地支援(宮城県石巻市内仮設団地への支援)を継続しています。

 第10次支援も本当に沢山の方のご協力をいただきました。心より、感謝申し上げます。

第10次→2016年12月、第9次→2015年12月、第8次→2015年7月、第7次→2014年12月、第6次→2014年7月

第5次→2013年11月第4次→2013年1月、第3次→2012年4月、第2次→2011年12月、第1次→2011年5月

 

 
urano_satomi RT @ryukyushimpo: <社説>今日辺野古土砂投入 傍若無人の一語に尽きるhttps://t.co/k4IzRBJhIy
6hreplyretweetfavorite
urano_satomi おはようございます。11月30日(金)から始まった区議会定例会は、本日、12月14日(金)が最終日。 10時~議会運営委員会、13時~本会議にて議案や陳情などの採決がおこなわれます。https://t.co/o6AY0NYy8j
6hreplyretweetfavorite
urano_satomi RT @KAGAYA_11949: 今撮影したふたご座流星群の流星です。(千葉県にて) 今夜は夜明けまで流星の数が増えていき見頃です。 ピークは明日の夜です。 https://t.co/dKczEUJ5Oc
6hreplyretweetfavorite
urano_satomi RT @pioneertaku84: アメリカから高額最新兵器を爆買い、ローンを組み補正予算で前倒し返済。来年度のローン残高は5兆3千億円…!口を開けば財政難といい、社会保障や教育の充実に背を向け消費増税を押し付ける安倍政権が、軍事費には気前よくつぎ込む。お金がないのではない。…
6hreplyretweetfavorite
urano_satomi RT @njwa_nakama: 戦闘機に1兆2500億円? 子どもたちの育ちのための保育園、幼稚園、小中学校の給食費などにそのお金充ててもらえませんか?その方がよっぽど未来の社会を守ることにつながりますよ… F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B(…
6hreplyretweetfavorite

 4月25日・26日と宮城県石巻市へ16名で行ってきました。

3回目となる今回は物資のお届けとあわせ、クラリネット演奏と劇団『じゃけん』の皆さんによる演劇を仮設住宅内の集会室をお借りしておこないました。

朝6時に中野を出発。石巻へ向かう東北自動車道は桜が満開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

12時過ぎに石巻に到着。昼食をとった道の駅には、つばめの巣が。

 

 

 

 

 

 

 

 

現地の方の案内で女川町へ。

ここは18mの津波が襲いました。高台にある病院の1階も写真の高さまで浸水しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女川漁港は、昨年12月に比べると船の数が数台増えていましたが、がれきや町の様子からは復興はまだまだという印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

病院横の山には、こういったメッセージも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市内が一望でき、桜の名所としても有名な日和山公園へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

満開の桜の向こうには、津波被害の爪痕が・・・。

なんとも複雑な心境でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、石巻日日新聞社へ。報道部長の方にもお話を伺うことができました。

ライフラインが途絶えた中、震災後6日間、手書きの壁新聞で住民に情報を伝えました。

『定規を使えば真っ直ぐな線を引くことができるが、当時はそんなことも頭に浮かばなかった。』

この言葉がとても印象的でした。

4月23日付けのしんぶん赤旗に、日日新聞社のことが掲載(PDF)されていましたので紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく被災地支援報告②)

サイト内検索

記事参照数の表示
915761