タイトル

2017年4月~ 「浦野さとみ」の新・ホームページへ移行しました。

下記のURLをクリックしていただくと新しいウインドウで開きます。

http://urano-satomi.jp

新ホームページ、ぜひ、ブックマークへの登録をよろしくお願い致します。

これまでに寄せられた生活相談は650件 あなたの声を区政に活かします

ホームページへのご訪問、ありがとうございます。日本共産党・中野区議会議員の浦野さとみです。リハビリの作業療法士(OT)として、医療・介護現場で8年間働き、2011年初当選、現在、区議2期目として、日々、地域をかけまわっています。1人1人の「命」「健康」「くらし」を大事する区政へ。くらし、雇用、子育て、教育、医療、年金、介護、相続、債務、税金、生活でお困りのこと等、お気軽にご相談・ご連絡下さい。弁護士をはじめ、行政書士や社会保険労務士などの各専門家とも連携しながら、その解決に力を尽くします。また、地域での色々なご要望やご意見なども、ぜひ、お寄せ下さい。

TEL:日本共産党中野地区委員会 03-3380-8111 区議団控室 03-3228-8873    メール:urano@jcp-seven.jp

●2014年秋におこなった区政アンケートへは、1900通を超える返信をいただきました。

 ご協力、ありがとうございました。集計はこちらから。

●皆様のご協力をいただきながら、被災地支援(宮城県石巻市内仮設団地への支援)を継続しています。

 第10次支援も本当に沢山の方のご協力をいただきました。心より、感謝申し上げます。

第10次→2016年12月、第9次→2015年12月、第8次→2015年7月、第7次→2014年12月、第6次→2014年7月

第5次→2013年11月第4次→2013年1月、第3次→2012年4月、第2次→2011年12月、第1次→2011年5月

 

 
urano_satomi RT @mitsuhiro411: トークセッション終了後、一緒に登壇したみなさんからも快く署名をいただきました!! ヒバクシャ国際署名はネットでも署名できます。みなさんも是非→ https://t.co/iTRb1iNKv4
13hreplyretweetfavorite
urano_satomi 平和の森公園再整備見直し案をめぐっての区議会最終日のこと、地域ではまだまだ知られていません。https://t.co/s8azZCsjyn「見直し案の通りになると思っていた」「えっ、議会でそんなことが!?」等々。しかし、経過と事実… https://t.co/vXVrgRx4SJ
urano_satomi RT @kotarotatsumi: 「申し入れというのは何らかのアクションを期待して行うもの。一体何を記者会に期待したのか」←この田村さんの質問に一切答えることができない官房長官。もちろん言論封殺のため以外の何ものでもない。 https://t.co/r2pVH3xYTl
urano_satomi RT @hiranok: よく嘘つくなァ、本当に。完全にクセになってる。もうたくさんだよ。 https://t.co/nC1Rc39eis
urano_satomi RT @koike_akira: 「ジェンダー指数が世界149カ国中110位と遅れ、根強い女性差別が残る日本。個人の尊厳が尊重される社会へともに考え行動していこう」 個人の尊厳 ジェンダー平等 JCP With You/オープニングイベント 差別のない社会に https://…

 4月25日・26日と宮城県石巻市へ16名で行ってきました。

3回目となる今回は物資のお届けとあわせ、クラリネット演奏と劇団『じゃけん』の皆さんによる演劇を仮設住宅内の集会室をお借りしておこないました。

朝6時に中野を出発。石巻へ向かう東北自動車道は桜が満開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

12時過ぎに石巻に到着。昼食をとった道の駅には、つばめの巣が。

 

 

 

 

 

 

 

 

現地の方の案内で女川町へ。

ここは18mの津波が襲いました。高台にある病院の1階も写真の高さまで浸水しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女川漁港は、昨年12月に比べると船の数が数台増えていましたが、がれきや町の様子からは復興はまだまだという印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

病院横の山には、こういったメッセージも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市内が一望でき、桜の名所としても有名な日和山公園へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

満開の桜の向こうには、津波被害の爪痕が・・・。

なんとも複雑な心境でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、石巻日日新聞社へ。報道部長の方にもお話を伺うことができました。

ライフラインが途絶えた中、震災後6日間、手書きの壁新聞で住民に情報を伝えました。

『定規を使えば真っ直ぐな線を引くことができるが、当時はそんなことも頭に浮かばなかった。』

この言葉がとても印象的でした。

4月23日付けのしんぶん赤旗に、日日新聞社のことが掲載(PDF)されていましたので紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく被災地支援報告②)

サイト内検索

記事参照数の表示
938926