タイトル

 第2回定例会報告、区議団ニュース7月号外を発行しました。

1面2面、それぞれPDFで開きます。

ぜひ、お読みいただき、ご意見やご要望などもお寄せいただければと思います。

 議会報告・ほっこり通信NO.63を発行しました。

批判続出にもかかわらず、区は平和の森公園の草地広場内へ300mの陸上競技トラック設置に固執。現少年スポーツ広場は約2300㎡拡張予定で300本の樹木伐採が明らかになっています。 

表面

20160511

 

 

 

 

 

 

 

裏面

20160511 1

 

 

 

 

 

ぞれぞれ画像クリックにて、PDFでご覧いただけます。

郵送でのお届けも可能です。お気軽にご連絡下さい。

 区政報告・ほっこり通信NO.62を発行しました。

1-4面(表・裏面)

20160323 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2-3面(中面)

20160323 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅頭や地域での配布をおこなっていきますが、郵送でのお届けも可能です。

お気軽にご連絡いただければと思います。

 4月14日夜、熊本県益城町で震度7の揺れを観測した「2016年熊本地震」で、少なくない死傷者をはじめ、家屋倒壊、道路寸断などの被害が出ています。

心から、お見舞いを申し上げます。

日本共産党は、地震発生当夜に、ただちに地震災害対策本部(本部長・小池晃書記局長)を立ち上げ、被害の実態把握と行政組織の対応促進、被災者救援・支援のための活動を開始しています。また、熊本県委員会は地震災害対策本部(本部長・山本伸裕県議)を設置しました。

現地の党組織は、地方議員、党機関とともに、安否確認、避難所の確保、物資援助など、避難者・被災者救援の活動にたちあがっています。

こうした被災者救援・支援活動を被災者一人ひとりにゆきとどかせるためには資金的保障が欠かせません。

そこで、全国のみなさんに「九州地方地震 被災者救援・支援募金」を心から訴えます。

この募金は日本共産党がお預かりし、被災地の自治体や関係機関への義援金として、またさまざまな被災者救援活動を通じて、確実に被災者の救援にあてていきます。

募金先

 募金は、最寄りの党都道府県・地区委員会にお届けいただくか、下記にご送金いただければ幸いです。

また、浦野までご一報いただければ、お受け取りに伺わせていただきます。

皆様のご協力、お願い申し上げます。

▼熊本県委員会に郵便振替で送金される場合

口座番号】 01940―8―55836

加入者名】 日本共産党熊本県委員会

通信欄に「九州地震募金」と記してください。

▼大分県委員会に郵便振替で送金される場合

口座番号】 01910―6―62127

加入者名】 日本共産党大分県委員会

通信欄に「九州地震募金」と記してください。

▼中央委員会に郵便振替で送金される場合

口座番号】 00170―9―140321

加入者名】 日本共産党災害募金係

通信欄に「九州地方地震募金」と記してください。

 1月29日および2月1日の総務・厚生・建設の各委員会において、平和の森公園再整備構想(案)が報告されました(1月30日のブログ参照)。

具体的な配置図が示されたのは今回が初めてですが、区は5月には基本計画を策定するスケジュールもあわせて示しています。

委員会質疑等でわかったこと、この期間の経過も含め、ほっこり通信NO.60(臨時号)を発行しました。

表(1-4面)

20160204omote

 

 

 

 

 

 

中(2-3面)

20160204ura

 

 

 

 

 

 

それぞれ画像クリックでPDFにてご覧いただけます。

地域や駅頭などでも配布をしていますが、ご一報いただければ、郵送でのお届けも可能です。

区が主催する説明会にご参加いただくとともに、ぜひ、ご意見をお寄せ下さい。

(中面の図は基本的には委員会資料をもとにし、文字など見やすくするために一部編集しています。Q&Aは委員会質疑やヒアリングなどでわかったことを掲載しています。なお、国家公務員宿舎跡地の有効活用というところで「小広場」となっていますが、当初、アップしたデータは「少広場」と誤字がありましたので訂正させていただきました。)